ネイルスクール認定校のカリキュラムについて

ネイルスクールとはネイルに関する全ての知識を学べる認定校のことを指し、
そのカリキュラムは生徒の学びたい気持ちに応える形で
各講座、学校によってネイルの魅力を学ぶためにいろいろとカリキュラムが構成され、設定されています。
例えば、趣味の時間を充実させるために、ネイルの腕を磨くためにネイルスクールに通いたい。とか、
アパレル関連に就職したいからファッションの知識に加えてネイルの知識も身につけておきたいとか、
プロのネイリストとしてショップを起業して活躍したいなど、
資料を取り寄せたり、自分に合ったネイルスクールなのか、体験スクールや体験コースなどで
検討する必要性があります。
最近、ブログやTwitterなどのSNSなどで顧客を集客し、女性の新しい働き方として注目されている
サロネーゼと言う言葉が指すように自宅でネイルサロンなどを開業して
働く形が浸透しています。
例えば、サロネーゼとまではいかなくとも、会社員などの場合は
趣味のコースを受講してネイルの魅力にはまり、
本格的に資格を取得できるコースを受講して、会社の友人などをターゲットとして
会社で働きつつも週末に自宅サロンを開くと言った副業型のサロンを開くケースも増えてきているようです。

ネイルを仕事にするには今のところ国家資格が存在する訳ではないため、
「ネイリスト技能検定試験」という技能検定試験を受ける必要性があり、その認定校でなければ
ネイリストとして仕事をすることが難しいようです。
また、職業としてのネイリストの求人先や平均給与は初任給は15万円から20万円、
アルバイトの場合は平均時給700円~800円となっているようでネイルスクールに通いながら
下積み時代と考えアルバイトとして経験・技術を積んでいるネイリストもいるようです。
ネイルスクール認定校のカリキュラムを卒業し、ある程度の技術を習得すると
フリーのネイリストとしてブライダルサロンや美容室に個人で依頼を受けて
こだわりの仕事道具を持参し出張で仕事をするワーキングスタイルもあります。
ネイルに関する資格はどんどん進化し、ネイリストスペシャル検定試験、
ネイルディレクターなどの新しい資格が登場し、どの資格が目的意識
(フリーのネイリストになりたい、正社員として勤務したいなど)と
合致しているかよく調べてから受験するのも資格を生かして働くには大切な方法だと
捉えています。
どの働き方にも言えることですが、自分らしく働けるかと言うことが
一番大切なのではないでしょうか。