ネイルスクールの講師はどんな人?美容師免許は?

ネイルスクールの講師の先生には本当に多くの種類の先生がいらっしゃいます。
だいたい初心者向けのコースに関しては、ネイル検定一級などのネイル検定の資格取得者、またネイリストなどが多いでしょう。比較的専門的な技能を持った人、ある程度ネイルの経験がある人が多いようです。
一方、資格取得に関してはネイルスクールの中でも資格を持っている人、資格取得のノウハウを持っている人、ネイル検定でも1級を持っている人などが多く、比較的しっかり学習できることや合格を保証するプランのためにしっかり教える人も少なくありません。根気強く教えてくれる先生もいます。
中には美容師免許を持っている美容師の先生がいたりしますが、ネイルスクールではあまり関係が無いでしょう。ただし美容業界にいる経験が長いため、サロンのことや専門的なことを聞くと教えてくれることも多いかもしれません。
ちなみに、ネイリストとして働くのなら、ネイルサロンでのサロンワークまで総合的に教えてくれるところもあります。この場合、そのようなサロンワークをしっかり教えてくれるのは経験豊富な先生であることが多いでしょう。厳しい側面もありますが、しっかり教えてくれる人が多いのが特徴的です。

ちなみに、講師の先生の中には美容師免許を持っている人もいます。
実は美容師免許は国家資格であり、指定された専門学校や大学などで学習して試験に合格する必要があり、取得するのなら専門学校や大学などに通う必要があります。
一方、ネイルスクールで取得できる資格は民間の資格ですので、基本的にそこまで厳しいことはなく、なくてもネイルの施術はできるのです。
ただ、最近の美容師免許取得をさせるコースの場合、トータルビューティーという考え方のもと、ネイル系のスキルを与えてくれたり、ネイル資格を取らせるところもあります。最近のサロンではトータルを考えた美容を提案することもあり、髪の技術以外にもスキンケアやメイクアップ、ネイルなどの技術を教えてくれるところが多いのです。一方、ネイルスクールではネイルが専門的になるので、その分の違いはあるでしょう。また、講師となる先生の質や内容も大きく違いがあります。
とはいえ、ネイルだけを学習したいというのなら、専門的な教育機関に行くのはいい選択肢とはいえません。ネイルスクールの中にはしっかりしたところもあり、いろんなスキルを教えてくれます。また、教育機関によっては効率よく教えてくれるということもあるでしょう。